医療事務の資格を取るヒント|未経験でもトライしよう

男の人

東洋医学で治療する

体の不調を治す方法は、薬の摂取の他にも体の外からアプローチする鍼や灸という方法があります。鍼灸師は体の痛みを取り除くだけでなく、不調を整えることができるので、近年は美容目的で利用する女性が増えています。特に接客の上手な鍼灸師が人気です。

正社員採用

婦人

未経験でも大丈夫

医療事務資格を取得すると経験や年齢に関わりなく、正社員として採用されるチャンスが増えます。そして資格を取るときは短期で取得できて、就職のサポートもしっかり行ってくれる講座を受けましょう。医療事務講座では難易度が高い診療報酬請求事務能力認定試験で、群を抜く合格率を誇っています。資格を持っていると未経験者でも医療事務に関する知識を身につけている証明になり、就職できる可能性が高まります。育児や家事で家庭に入り現役に復帰しようとしても、期間が空くと正社員として働くのは不利になります。しかし医療事務講座で難関資格を取得することで高度な専門知識を獲得して、医療業界にとって貴重な人材となることができます。また非正規として雇用されるのと正社員として採用されるのでは、収入で圧倒的な差ができてしまうのです。医療事務講座では講師が医療施設で働く現役のプロなので、内容が実践的で興味深いものです。そして初心者にも親切丁寧に教えてくれるので、確実に実力がついてきます。さらに医療事務講座では学習の基礎から試験合格や就職まで、それぞれ専門スタッフがついてサポートしてくれるので安心です。そしてもし試験に受からなかったときは、受講料金を値下げして再度受けることができます。医療事務講座では目的に応じて様々な講座を用意しています。診療報酬請求事務能力認定試験合格を目指してトータルで医療事務を学ぶ講座から、医療事務の補助者を目指す講座など自由に選択できます。

心身のリハビリをサポート

ウーマン

身体や精神に障害を負った人の社会復帰に向けたリハビリをサポートするのが、作業療法士の主な役割です。作業療法士の資格を得るには、大学や専門学校など指定の養成校を卒業した上で国家試験に合格しなければなりません。過去問を徹底分析して作業療法士の資格を取得すれば、就職活動にも大きなプラスとなります。

社会に必要な福祉の仕事

男性

ソーシャルワーカーの資格を持っていると様々な仕事にチャレンジできます。病気や高齢によって身体の自由がきかない人を支援するのが主な仕事です。老人ホームや障害者施設をはじめ、福祉事務所や保健所や病院などでも重宝されます。民間でも福祉サービスを行う業者が増えており、資格を持っていると選択肢が広がります。